うつ坊ブログ

うつ病純朴大学生の愉快なブログ

MENU

夢日記とその解釈 12/15

 

スポンサーリンク

 

 

ひどい夢

こんばんは。うつ坊である。

あっ晩御飯の準備しなきゃ。

ばいばい!

 

ただいま。

一昨晩は疲れる夢を見た。

興味はないかもしれないが、話そう。

 

私はスパイダーマンだった。

街中を飛び回っていた。

 

ある時何かのきっかけでより強固な糸を手に入れた。

それで思うままに飛んでいた。

危ない橋も渡った。

 

その力に目を付けられた。

あるときから追われるようになった。

私はホテルに籠った。

 

f:id:b0tchan:20181217214017j:plain

 

部屋にいると、向かいのレストランから監視している男がいるのに気付いた。

目が合うと男は笑って立ち去った。

 

私は男を捕まえなければならないと思った。

この機を逃せばさらに窮地に追い込まれる。

 

私は窓から飛ぼうとした。

だがスパイダーマンの力はいつの間にか失われていた。

飛べなかった。

 

それで私は机の下に隠れることにした。

ずっと隠れていた。

 

あるとき足音がしたので息を殺して潜んだ。

だが敵は窓から飛び込んできた。

私はついに捕らえられてしまった。

 

拉致監禁された。

犯人は小学校の頃の問題児とブロ解してきた女子とその他である。

 

私は一生このままなのではないかという絶望感に苛まれていた。

しかしなんとか脱出しようとした。

 

塔からの脱出を試みると問題児が後を追ってきた。

窓から下の屋根に移ったのだが、見つかってしまった。

 

何回か試行した。

あるとき飛び降りた屋根が付いている壁と直角を成す壁の屋根に石を投げた。

その音に騙されて問題児の目が逸れた隙に90度横の屋根に移り、地上に飛び降りた。

走り出した後ろで問題児が何か叫んでいた。

 

門まで走ると、ブロ解してきた女子がいた。

突っ切ろうとすると、その女子が空手六段の男を召喚しようとした。

だが失敗したので私は門を抜け、道路に出た。

 

達成感と、また失敗して振り出しに戻されるのではないかという恐怖が共存していた。

だが、人を見つけたので助けを求め、交番かどこかに連れられ、脱出に成功した。

解釈

大体こんなところである。

ちょっとこの夢を解釈してみよう。

 

まずスパイダーマンだが、これはYouTubeで新しいスパイダーマンの映画を予告する映像のサムネイルを目にしたせいだろう。

 

強い力とその後の転落にもやや心当たりがある。

私が最近自らを、躁うつ病ではないかと疑っているからかもしれない。

 

妙に気分が爽快で、全能感を感じる時がある。

それが躁状態ではないかと思っているのだ。

強い力で飛び回るのは、その懸念の表れのような気がする。

 

その後の転落は、躁の後に訪れる可能性のある強いうつ、あるいは現実の不幸への恐れではないだろうか。

 

夢の中の恐怖は普段のストレスに起因するものだろう。

嫌な夢はよく見るし、問題児もよく出てくる。

問題児がそれだけ私に傷を負わせた存在だったということかもしれない。

終わりに

今日は特に愉快な点もなくて申し訳ない。

 

この夢の話を昨日、セイクとポールにも簡単にした。

すると、ブロ解してきた女子のことが傷になりすぎていないかと心配された。

 

確かにそうかもしれない。

夢にまで出てくるのは重症である。

 

実はこの夢には続きがある。

 

犯人は大方が逮捕された。

だがその女子はなぜか捕まらなかった。

 

その後、何かでその女子と会う機会があった。

そこで、嫌いなわけじゃない、と言われた。

私はほっとした。

 

目が覚めてそれが夢だと分かった時、ひどく虚脱感を覚えた。

これは2人には言えなかった。

 

ひどい夢である。

 

それでは今日はこの辺で。

また夢の話しちゃったよ……。