うつ坊ブログ

うつ病純朴大学生の愉快なブログ

MENU

【頭がいい?】うつ病とIQ

 

スポンサーリンク

 

 

前置き

こんばんは。うつ坊である。

先ほど間違い探しでIQを測ったら140だった。

解答を知った上で超速で解いても140だった。

つまり140が最高スコアということになる。

ネットの診断だからあてにならないとはいえ、これは誇っていいんじゃないかな?

お?

 

ここでこちらの記事を見て欲しい。

 

www.newsweekjapan.jp

 

今日の主題に関連した記事なのだが注目すべきはトランプのところだ。

トランプは自分が高いIQを持つことを誇っているらしい。

IQの話題が大好きだそうだ。

 

これに対し「彼のヒステリーは高すぎるIQのせいだ」とまで言われているらしい。

おまけにホーキング博士は「自分のIQの高さを誇示する人は敗者だ」と発言した。

あっ……。

 

こんばんは。敗者である。

なんかそのうちIQを誇ってる子供を怖がらせるなまはげとか出てきそう。

IQ自慢ばっかしてる悪い子はいねがあ!

 

ここでーす!

今日のお話

今日はうつ病とIQの話である。

うつ病というか、広く精神病の話だ。

 

まずはIQについて簡単に説明しよう。

コトバンクからの引用である。

 

kotobank.jp

 

知能指数。ビネ=シモンの知能検査法 (→ビネ=シモンテスト ) によって得られた精神年齢 (知能年齢) を,同人の暦年齢 (生活年齢) で割った答を 100倍して求める。指数 100が平均値である。

 

『ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』より

 

簡単に言ってしまえば頭の良さの目安である。

だが、IQが本当に知能の指標たりうるのかについて疑問も呈されている。

そのことも理解しておいて欲しい。

1.うつ病によるIQ低下

うつ病による知能の一時的な低下は、よく取り沙汰されるところである。

実際に私も頭の回転が鈍いように感じることがあった。

動作や会話が緩慢になるのだ。

 

そんなうつの時のIQを実際に測った人がいる。

こちらを読んで欲しい。

 

bunshun.jp

 

この記事によると、うつが最もひどいとき、筆者のIQは14下がっていたという。

明瞭な結果だ。

うつ時の頭の回転の鈍さが、患者の主観によるものではないと言えるだろう。

 

だがこれは回復するものであると私は考えている。

現に私がそう感じているし、今はIQテストでも高い値が出る。

保証はできないが、今うつで知能低下に悩んでいる人も、安心してくれると嬉しいぞ。

 

f:id:b0tchan:20181228194547j:plain

2.精神病と高IQ

続いては、精神の病気と高いIQの関連である。

先ほどのものを貼り直すとともにもう一つ記事を紹介しよう。

 

www.newsweekjapan.jp

 

karapaia.com

 

どちらも高IQ集団のMENSAを対象とした調査に関する記事だ。

調査法の公平性に疑問はあるが、そういった相関が示されている。

高IQで精神病でない人には悲報だろうが、精神病の人にとってはどうだろう。

そういった病の人は、IQを調べてみると面白い結果が出るかもしれない。

終わりに

今回、調べる中で思ったことがある。

うつ病を初めとした精神病は、高IQの人が発症しやすいという。

そしてうつ病は、患者のIQを下げる。

ということはうつ病は、脳による調整作用の誤作動とも取れるのではないだろうか。

 

IQが高い人というのは生きづらさを感じることが多い。

そのギャップを埋めるために脳が知能を下げる。

外界からの情報にフィルターをかけ、内部の思考を遅くするのだ。

 

だがこの試みは完全なる失敗だ。

そうしたうつ病の症状の結果、患者はさらなる生きづらさを感じる。

自ら命を絶ってしまう人もいるほどである。

 

その上知能は病気の改善とともに回復する。

だからうつ病は、誤作動に過ぎないのだ。

 

なんの根拠もない思い付きを話してしまって申し訳ない。

話半分に読んでもらえれば嬉しい。

 

しかしIQが高いと生きづらいなあ〜IQが高いとなあ〜。

なあ?

 

f:id:b0tchan:20181228195626j:plain

IQ自慢ばっかしてる悪い子はいねがあ!

 

……すみませんでした。