うつ坊ブログ

うつ病純朴大学生の愉快なブログ

MENU

【春よ来い】友人の恋愛 5

 

スポンサーリンク

 

 

前置き

こんばんは。うつ坊である。

帰省先から戻って参った。

帰省の何がいいかといえば我が家の素晴らしさが分かることである。

我が家万歳!

 

将来の住まいはどうしよう。

一つの夢としては早くお金を貯めて隠居し田舎で細々と暮らしたい。

小説を書き絵を描き曲を作って日々を過ごすのだ。

いいだろう?

 

えっ?どうやってお金を貯めるのか?

新人賞を獲った小説が大ベストセラーになって……。

 

非現実的?

じゃあブ、ブログの収入で……。

 

f:id:b0tchan:20181220181527p:plain

 

やめてくれよ……(絶望)。

世の中そううまくは行かなさそうである。

友人ポール

今日は久しぶりに友人の恋愛について話そう。

セイクは大体話したのでポールについてだ。

 

と言ってもこっちは単純なのですぐ終わると思う。

面白味のねえ奴だな(理不尽)!

 

では行こう。

ポールの春

ポールの大学生活は締め出されて始まった。

電車の遅延によりオリエンテーションに間に合わなかったのだ。

 

到着した時にはもうドアは締め切られていたらしい。

可哀想な男である。

 

そこで喫茶店にでも入ればよさそうなものだが彼はそうしなかった。

再び電車に乗って終点まで往復していたらしい。

何を考えているんだ……。

 

まあ雨の中笛吹きながら家に帰って風邪を引くような男である。

脳味噌が緑色でもしてるんじゃないだろうか(偏見)。

 

そうして幸先悪く始まった大学だがそれ以降は順調だったらしい。

非リア芸をしながらもそれなりに楽しそうに過ごしていた。

問題が起きるのは3年の秋である。

 

と言っても問題だったのは私にとってである。

それを聞かされたのは昨年11月のことだった。

 

しかもセイクが何やら別人のようになっていた話を聞かされた直後である。

多重人格彼女を振ったとか好きな人に告白したとか聞いた後だ。

 

その時点で私はだいぶショックを受けていた。

変わらないと思っていたものが揺らいでしまうことに大きな不安を覚えていた。

 

その後ポールがやってきた。

セイクの話を聞いて消滅しかけていると告げた。

するとポールには、何やら面白い話があると言う。

 

f:id:b0tchan:20190104212151j:plain

 

この時点で既におかしかった。

ポールは自分からそんな自信ありげに語るような奴ではない。

 

セイクの話聞いたらその話も飛んじゃうぞと言ってもいや大丈夫と答える。

おかしい。

 

とりあえず私も協力してセイクの話を簡潔に教えたのだがあまり興味なさそうである。

流石に私も悟った。

そして、多分ポールの話聞いたら私消滅するよねと尋ねた。

 

ポールは、どんな話だったら消滅するのかと聞いてきた。

私は、彼女できた話だったら消滅するなと言った。

 

するとポールは笑って、じゃあ消滅するねと言った。

 

私は消滅しました……。

いや辛い……。

 

散々セイクの変わり様や彼氏持ち女子との惚気話を聞かされた後だ。

そこに最後の砦だったポールに彼女ができたと聞かされればたまったものではない。

 

あのさあ……。

何も同じ日じゃなくてもいいじゃないか……。

ねえ……。

やめてくれよ……。

 

その後いろいろ成り行きなどを聞かされたのだがそれはまた明日にしよう。

その日はショックと興奮とでよく分からない気分になった。

悲しい気持ちもあったし、嬉しい気持ちもあった。

眠れるか分からなかったが一応眠れた。

終わりに

こうして書いただけであの日の感情がまざまざと思い出される。

いや分かりますかこの気持ち。

 

私がこうして一休みしている間にみんなはどんどん先へ行くのだ。

私だってもちろん休んでいるから仕方ないとかそういうことは分かる。

 

そう分かっていてもいろいろ考えてしまうわけだ。

私には人間的魅力がないんじゃないかとかである。

この先そういった幸せは私の元にはやって来ないんじゃないかとか考えるわけだ。

 

おまけに過去を振り返ってみても恋愛経験が乏しい上に致命的な失敗を犯している。

もう一つ恋とも呼べないようなものでもやらかしている。

 

未来を見ても今年大学に戻れるかどうか戻るかどうかも分からない。

一体自分がどうすればいいのかとんと見当もつかない。

 

結局それも自分のせいなのだ。

そこを見たってもう人間としてどうしようもない。

 

安心して欲しい。

私は本当に消滅しようとしたりはしない。

大丈夫である。

 

けれども悲しい。

心の底ではいつか運命の人が現れるのを待っているのだ。

情けない。

 

情けないと思いながらもどこかでもしかしたらとも考えている。

本当にどうしようもない。

どうしたらいいのか。

結論は出ない。

 

世の中そううまくは行かなさそうである。