うつ坊ブログ

うつ病純朴大学生の愉快なブログ

MENU

軽井沢旅行記

 

スポンサーリンク

 

 

ただいま

こんばんは。うつ坊である。

旅行から帰って参った。

 

昨日の記事はいかがだっただろうか。

なんだかもう何を言っても信じてもらえそうにない。

狼少年の気分である。

 

utsubou.hatenablog.com

 

今日は旅行記を書こうと思う。

記録にもなるだろう。

興味があれば是非見ていって欲しい。

1日目

朝、東京駅の銀の鈴前で集合である。

なんと幹事が待ち合わせ時刻を1時間早く間違えていた。

無駄に早起きして一番乗りしてしまった。

 

f:id:b0tchan:20181209231023j:plain

 

メルヘンでサンドイッチを買い、新幹線で食べた。

美味しかった。

 

f:id:b0tchan:20181209231206j:plain

 

電車内で大富豪をした。

大富豪→大貧民→貧民→貧民→平民→平民→富豪だった。

現実と同じで起伏の多い人生だね。

 

軽井沢に着くとレンタカーを調達した。

まずは白糸の滝に向かった。

 

f:id:b0tchan:20181209231451j:plain

 

f:id:b0tchan:20181209231511j:plain

 

我ながら見事な写真……。

小さいながらも美しい滝だった。

マイナスイオン的なものを感じて療養的な感じになった気がした(適当)。

 

昼食は信州ポークのソテーを食べた。

予定した店が満席でたまたま入ったレストランだったのだが美味しかった。

 

f:id:b0tchan:20181209232035j:plain

 

昼食の店から軽井沢駅に向かう途中でこんなものを見た。

 

[あまりにエグい写真なので削除しました]

 

勘弁していただきたい。

出川だってこんなに体は張らない。

この看板が伏線だとはこの時は思いもしなかった。

 

駅に戻りソーセージを買うなどして商店街を歩いているといた。

ハチヒゲおじさんが店の前で座っていたのである。

さすがにハチは付けていなかった。

 

声をかけられたので話をした。

他の奴らはそそくさとどこかへ散っていってしまった。薄情な。

 

どうやら店はいくつかあるらしい。

そのうちの一つで宣伝をしているとのことだった。

 

はちみつを試食させてくれた。濃厚だった。

お礼を言って、おじさんのもとを去った。

 

おやつにはミカドコーヒーのモカソフトを舐めた。

 

f:id:b0tchan:20181209232745j:plain

 

しっかりとコーヒーの味がした。

 

その後は宿泊するロッジに向かった。

そこで荷物を降ろした後、スーパーへ買い物に出た。

 

スーパーでは夜食と朝食の材料を買った。

朝食はカフェ勤務の幹事が作ってくれるとのことだった。

かっこいい。

 

あと酒も買った。

自分は薬で飲めないのに結構買わせた。

でも結局みんなでほぼ飲みきることとなった。

 

夕食は藤屋でメンチカツをいただいた。

 

f:id:b0tchan:20181209233211j:plain

 

f:id:b0tchan:20181209233240j:plain

 

大変美味だった。

聞けば由緒あるお店らしい。

由緒の味がした(適当)。

 

後から新幹線でやって来た1人と合流した後、ロッジに戻った。

 

もうあとは言うまでもない。

酒である。

 

しかし私は抗うつ薬を飲む身だ。

みんなが酔っ払う中1人静かにお茶を……。

 

f:id:b0tchan:20181209233941j:plain

 

お茶である。

ちょっと泡が多いな(すっとぼけ)。

りょ、旅行だしちょっとくらいはいいよね?ね?

 

酒を飲みながら恋の話をした。

サークル同期の元代表の恋愛遍歴を聞いたりした。

楽しかった。

うつ病の治療には恋バナが最も有効というのは広く知られた話である(大嘘)。

 

ひとしきり騒いだあと夜も更けたので流石に眠った。

 

2日目

朝起きて、昨日幹事が仕込んでおいたピザトーストを焼いてもらった。

 

f:id:b0tchan:20181209234440j:plain

 

美味しい……。

ちなみにこの幹事、今回の旅行メンバーで唯一の彼女持ちである。

そりゃ彼女もできるわな。

 

朝食を食べ終わりチェックアウトするとアウトレットに行った。

私はコートとセーターを買った。

 

昼食を摂ると今度は星野温泉を目指した。

到着して体を流すと湯に浸かった。

気持ちのいいものであった。

 

外ではライトが色めいていた。

 

f:id:b0tchan:20181209235038j:plain

 

星野温泉を出ると帰路に着いた。

途中何度か休憩を挟み、東京に到着した。

 

クリスマスパーティーがあるという幹事を見送ると夕食に日高屋のラーメンを食べた。

というのもみんなもうお金があまりなかったのだ。

悲しい最後の晩餐である。

 

食べ終わって駅まで歩き、そこで解散した。

電車で1人と一緒だったので、彼の恋と小説の話をした。

いい締めだった。

終わりに

以上である。

お楽しみいただけただろうか。

 

これらは全部本当のことである。

信じて欲しい。

 

ちなみにやたらいいもの食べて買ってしていたら有り金が溶かし尽くされた。

バイトしよう……。

 

男だけだったが大変充実した旅であった。

幹事やその他メンバーに感謝である。

 

淡々とした書き方になってしまっていたら申し訳ない。

なにぶん初めてなもので要領を得ないのだ。

 

それでは今日はこの辺で。

……やっぱり男子だけっておかしい。