うつ坊ブログ

うつ病純朴大学生の愉快なブログ

MENU

うつ病と認知症の関係

 

スポンサーリンク

 

 

前置き

こんばんは。うつ坊である。

今日はこれといって書きたいことがない。

ブロガーとして致命的だ。 

 

何かお正月に関連したことでも話そうかと思ったが特に浮かばない。

どうするよ。

こうなると奥の手、「私の恋愛」を使わなければならなくなるぞ……。

 

楽しいか!?

人の不幸せな恋を聞くのは蜜の味か!?

おおん!?

 

と考えてたら思い浮かんだ。やった!

こんなその場しのぎの自転車操業では先が思いやられる。

正月ボケもいい加減にしなければいけない。

 

というか年中休んでいる私に正月ボケはあるのか?

正月にボケているとすればそれは年中ボケているんじゃないのか?

 

おいおい、こんなんで来年大学に戻れるのかい?

ハハハハハハ!

 

来年じゃなくて今年だった……。

うつ病と認知症

今回はうつ病と認知症を取り上げよう。

私の祖母も認知症である。

 

両者は一見全く異なるものに思える。

私のうつ病と祖母の認知症とでは似ても似つかない。

 

だが実際は間違われることも多いようだ。

今日はその共通点と相違点、そして合併を見ていこう。

 

参考文献はこちらだ。

 

www.ninchisho-forum.com

 

www.tyojyu.or.jp

 

https://journal.jspn.or.jp/jspn/openpdf/1140030276.pdf

1.共通点

まず共通点は、大きく言えば、日常生活に支障をきたすということだ。

うつ病になると判断力や記憶力の低下が見られるが、これは認知症でもそうである。

だから間違われやすいのだろう。

 

また、うつ病で顕著な抑うつ感は、認知症初期にも見られることがある。

自らの認知機能低下に対する不安から生じるらしい。

 

他には、精神の弾力がなくなることも挙げられるようだ。

確かに私もひどい時にはずっと落ち込んでいて心の動きというものがなかった。

祖母からも強い喜怒哀楽はあまり感じることができない。

その点では似ていると言える。

2.相違点

先ほど認知症初期に抑うつ感が生じることがあると書いた。

しかしこれは初期の話で、進行すると症状には無関心になるようだ。

 

うつ病では自責の念などが目立つが、認知症ではあまり見受けられない。

もしかしたら心の奥底では思っているのかもしれないが、表出は少ないのだろう。

 

また認知症は高齢者に多いが、うつ病はそうではない。

若年層から高齢者まで、幅広い世代での発症が見られる。

 

同世代でもうつ病っぽい人はいるが、認知症っぽい人はあまり見たことがない。

年齢層は大きな違いの一つだろう。

 

f:id:b0tchan:20190102211416j:plain

3.合併

問題なのがうつ病と認知症の合併である。

うつ病の人が高齢になり認知症を発症することがある。

逆に、認知症の人がうつ病になることもあるようだ。

両者は脳機能の面から見て、密接な関係があるらしい。

 

以前から認知機能障害が顕著で抑うつ症状が目立たない老年期うつ病が見られてきた。

これは仮性認知症と呼ばれていたようだ。

このことからも繋がりの深さが窺える。

 

仮性認知症は、抑うつ症状が改善すれば認知機能も回復すると考えられてきた。

ところが近年、認知機能低下の再発や認知症への移行も確認されるようになった。

仮性認知症が、うつ病から認知症への架け橋となるということだ。

 

これは移行の話だが、両者の合併も存在する。

その場合はまず見極めるのが難しい。

両者には共通する症状があるためだ。

 

それから治療も困難だろう。

同時に二つの病気に対してアプローチしていかなければ改善は望めない。

 

これらに効果的だと考えられるのはまず、規則正しい生活や軽い運動だと言う。

もちろん、お医者さんにかかることは必須だろう。

終わりに

今回は二つの病気について取り上げた。

特に合併には注意して欲しい。

老年期に多く見られるので、心当たりのある方は早めに受診してみよう。

 

最近ある夢を見た。

物事を認識できてはいるのだが、思うように自分を制御できないのだ。

認知症とはこんな感覚なのかもしれないと思い悲しくなった。

 

だとすればやはりうつ病と似ている。

うつ病では感情がどんどん落ち込んでいく。

しかし、どこかでそれがおかしいと分かっている自分もいる。

だがその感情の落ち込みを抑えることはできないのだ。

 

認知症でも、どこかでおかしいと分かっている自分がいるのだろうか。

そしていつか、そう思うことすらなくなってしまうのだろうか。

まるで山月記だ。

 

それは安らぎのようにも思えるがでも私は、これ以上周囲に迷惑をかけたくはない。

じゃあどうすればいいんだろうね。

 

なんだか暗い話になってしまった。

やっぱり「私の恋愛」のほうがよかったかな?

 

結局それも私にとっては悲しいことだ。

でもみなさんは楽しいかもしれない。

 

人の不幸は蜜の味か!?

おおん!?

 

まだ話してもいないのにキレてしまった。

多分いつか書くからその時まで楽しみに待っていてくれ。

 

それでは今日はこの辺で。

みんな、正月ボケも大概にしようね!

そして、正月だからって思う存分恋人とイチャつくのは、やめようね!

 

……人の幸せが蜜の味であるような人間になりたいものである。