うつ坊ブログ

うつ病純朴大学生の愉快なブログ

MENU

私の計画性のなさについて

 

スポンサーリンク

 

 

前置き

こんばんは。うつ坊である。

文字起こしのバイトだがまだ終わっていない。

 

えええ!!!

日曜日に受けてこんなに時間があったのにまだ終わってないんですか!?

 

終わっていない。

いや本当にどうかしてると思う。

 

ということで今日は私の計画性について書こう。

本題

終わってないとはいうものの一応は進んでるんだよ?

もう半分くらい完了しているのでまあ徹夜することはないだろう。

 

しかしこれだけ時間があったのだ。

今は納品してゆっくりブログを書いていてもおかしくない。

 

だがそうはならない。

現在は早くバイトに取り掛かろうと必死にブログを書いている。

なぜこうなってしまったのか。

責任者に出てきて説明してほしいものである。

 

私の計画性のなさは今に始まったことではない。

中高の定期試験も基本的に一夜漬けだった。

いつも勉強しなきゃ勉強しなきゃと思うのだが詰め込むのは前日である。

 

よくこれで優等生で通っていたものである。

やっぱり天才だからかな?

かな?

……つけあがるのも大概にしよう。

 

夏休みの宿題もそうだった。

さすがに早めに終わらせることもあったがそうでないこともあった。

 

あるときなどは夏休み最終日宿題を広げながら物語シリーズを読んでいた。

めっちゃ面白かった。

 

弁明すればその宿題は翌日提出ではなかったので実際まだ余裕があったのだ。

にしてもひどいものである。

どうにかならないもんですかね。

 

などと言っているうちに大学受験だ。

正直受験勉強を始める前から不安だった。

こんなので私は受験に向けて勉強できるのかと思っていた。

 

まあ無理だった。

仮面浪人しても無理だった。

 

バイトを始めてみてもこの有様である。

今こうして書き起こしてみると本当におかしいな。

 

f:id:b0tchan:20190123204737j:plain

 

そう、最近思っていたのである。

これはいくらなんでもおかしい。

ただの怠け癖とかそんなものではない。

 

そこでADHDを疑うようになったわけである。

実際条件は揃っている。

 

まず今言った計画性のなさが挙げられる。

期限ギリギリまでやらないのだ。

 

それから事務仕事も不得手である。

短期記憶を使い順序立てて遂行するのが難しい。

 

また、ADHDは創造性に恵まれた人が多いと言う。

恵まれているかは分からないが私も創作は好きである。

小説を書く、絵を描く、曲を作るなどもする。

 

さらに決定的なことがある。

ADHDの人はうつ病、双極性障害になりやすいらしい。

 

これはもう疑いの領域ではないのではないだろうか。

終わりに

仮にこれがADHDじゃなかったらとんでもない駄目人間だな。

文字にしてみると余計そう思う。

 

とりあえず診察で双極性障害とADHDについては聞いてみよう。

話はそれからである。

 

それでは今日はこの辺で。

ああ、早くバイト終わらせなきゃ……。