うつ坊ブログ

うつ病純朴大学生の愉快なブログ

MENU

私はうつ病でなく双極性障害でADHDなのではないか?

 

スポンサーリンク

 

 

前置き

こんばんは。うつ坊である。

朝から漫画のストーリーばかり考えていたので何も思い付かない。

どんなこと書いて欲しいですか(丸投げ)?

 

よくこんなんで毎日更新を続けてこられたものである。

明日で2か月だ。

すごくない?

 

そう言えば今日はセンター試験1日目だ。

センター試験……。

うう。

 

もしかしたら来年も受けるかもしれないのか……。

そう考えると辛いな。

 

ということでなんとか一応まとまってきたぞ(唐突)。

さすがプロ(収益0円)ブロガーだけのことはある。

 

今日は私の中にある二つの疑いについて書いていこう。

双極性障害?

まず私は双極性障害なのではないかという話だ。

今の所はうつ病と診断されている。

私もそう思ってきた。

 

だが少し前からときどき妙に気分のいい時があるのだ。

気分は良くても何か気持ち悪い。

 

楽しいことを考えているわけでなくてもいい気分の時がある。

思考と気分が一致しないのである。

 

これは躁状態ではないだろうか。

主治医に相談するとまだ断定はできないようだった。

抗うつ薬による気分向上とも取れるからだ。

 

長く続くようなら双極性障害の可能性も高いらしい。

様子を見なければならない。

 

ここ数日は落ち着いているようにも思える。

だがたまに躁転しそうになる。

自分でも分かるのだ。

 

そういうときはつい自分でそれを抑えてしまう。

落ち着け、落ち着けと自分に言い聞かせ精神を安定させる。

いいのか悪いのかは分からない。

どうなんだろう。

 

幸いまだ躁転しても突飛な行動を出るまでには至らない。

変な笑いが出る程度である。

 

しかしどこかで悪化するとまずい。

主治医と相談しながら注意を怠らないようにしよう。

 

f:id:b0tchan:20190119212815j:plain

ADHD?

次はADHDだ。

実のところ、これは前から少し疑っていた。

 

できることとできないことの差が激しすぎるのだ。

例えば、発想力や翻訳等で発揮される文才などはなかなかだと自負している。

 

しかし事務仕事となるとからきし駄目だ。

昔からそうだった。

 

このあいだの試験監督のバイトでもミスしまくった。

それ以来怖くてそういったバイトは入れていない。

多分私はそういう仕事には就けないのではないかと思う。

 

おまけに昔を思い返してみると何やら奇行が目立つ。 

小学校低学年の頃などは常にテンションが高かった。

そのせいか友人や遊び相手も少なかった。

 

あとは落ち着きのない子供だった。

じっと座って待つということができなかった。

貧乏ゆすりもよくしていた。

 

人間関係でも失敗が多かった。

今もそうだ。

失敗して次の環境に移るというのを繰り返してきた。

 

今うつ病になってみるとやはりそんな気がしてくる。

ADHDのうつ病罹患率は高いそうだ。

裏付けられた感がある。

 

確かに私の思考は止まらない。

これもADHDの特徴らしい。

 

他の人の思考は分からないのではっきりとは言えない。

だがそうだとすれば高いIQも頷ける。

ADHDに関連があるのかもしれない。

 

気になるので今度主治医に聞いてみようと思う。

終わりに

実のところ私は、ADHDであったらいいと思っている。

私は計画を立てることが下手で、ギリギリまでやらない質だ。

 

おそらくそれで受験も失敗した。

自分のそういう性質は嫌いだった。

 

だがもしそれがADHDによるものだとすれば、私は自分を許せる気がする。

そこからまた新たな視野が開けるように思うのだ。

 

自らの創造性にも裏付けができて、自信を持てるかもしれない。

できないことを無理にしようとはしなくなるだろう。

 

これもある種の甘えなのかもしれない。

だが私はそうであったらいいと思っている。

 

それでは今日はこの辺で。

しかし記事の内容を読者に決めてもらうというのはありだな。

今度やってみようかな。

 

……「センター試験の点数教えて」とかはやめようね!